イントロダクション

写真:満開の桜を背景に、うつむく泉水。
めがねをかけ、グレーの横縞のTシャツとパーカーを着ている。

家族の哀しい過去へと繋がる連続放火事件の謎
強い絆で結ばれた家族の決断とは?

常識を超えた大きな愛に心で泣く、感動のミステリー

5度の直木賞候補、2008年度第5回本屋大賞と第21回山本周五郎賞のW受賞、「このミステリーがすごい! 2009年版」第1位と、文学界に旋風を巻き起こす作家・伊坂幸太郎の大ベストセラー「重力ピエロ」。
連続放火事件に端を発する様々な謎――
すべての謎が解けたとき、家族はある真実に直面する。
読書界を圧倒したこの大ベストセラーを「鹿男あをによし」『大停電の夜に』の脚本・相沢友子×SMAPをはじめ様々なアーティストのPVやCM、TVドラマで活躍、『Laundry』でサンダンス・NHK国際映像作家賞受賞した森淳一監督が映画化。
写真:こちらを見上げる春と泉水。春は紺のブレザーに赤いネクタイの制服姿。泉水はグレーの横縞のTシャツとパーカー姿で、手にはバットを持っている。 エンタテインメント性と緻密な作家性の融合で描く、人間の光と闇。息もつかせぬスリリングな展開とミステリーの枠を超えた力強いながらもみずみずしい人間ドラマが、今を生きる我々の心に深く突き刺さる映画が完成した。
これは流行に乗じた安易な原作の映画化ではない。「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」――どんなに辛く重苦しいことがあっても、楽しそうにしていればきっと軽やかに乗りこえられる――作り手たちがこの作品に込めたメッセージを、今の時代だからこそぜひ感じて欲しい。

それでも、僕らは家族なんだ。

写真:夜のテラス。ベンチに、唇を軽くかんでいる泉水、まっすぐ前を向く父、うつむき加減の春が並んで座っている。3人とも、ヒザの間で手を組み、オレンジ色の照明が3人を照らしている。 遺伝子研究をする兄・泉水と、自分がピカソの生まれ変わりだと思っている弟・春。そして、優しい父と美しい母。平穏に、そして陽気に過ごすこの家族には、過去に辛い出来事があった。
その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。
謎の連続放火事件と、火事を予見するような謎の落書き(グラフィティアート)の出現。落書きと遺伝子暗号の奇妙なリンク。
春を付け回す謎の美女と、突然街に帰ってきた男。
すべての謎が解けたとき、24年前から今へと繋がる家族の"謎" が明らかになる。
「正義」とは何か、「家族」とは――溢れくる未知の感動に涙する。

▲ページのトップに戻る

ニュースブログ劇場情報リンク映画館に行こう!キャンペーン