主題歌「Sometimes」

画像:S.R.S「Sometimes」のCDジャケット。学校の教室のような木の床に、顔と足が黒い羊が一匹。羊の白い胴体に、S.R.Sと黒文字で書かれている。
【曲名】
1.Sometimes -B.C.-
2.She is coming home
3.Sometimes -A.D.-
TFCC-89274 ¥1,050(税込)
5月20日発売。

今回、僕らの歌 "Sometimes"が『重力ピエロ』の主題歌に決まりとても嬉しく思います。
ほんとうにありがとうございます。
この"Sometimes"は僕が初めて作った曲であり、S.R.Sにとっても特別な曲です。
誰の心にもある、ありふれた日常を取り巻く感情の揺れ動き、言葉にできない気持ちを、
僕らの歌で、そして僕の声で、春の気持ちを代弁できたら嬉しく思います。
スクリーンの上で、この曲が『重力ピエロ』の世界に、どんな彩りを与えるのか、
今からとても楽しみにしてます。

S.R.S 山口卓也

写真:S.R.Sのメンバー4人が木々を背景に立っている。
左から、
白いジージャンに青とグレーのスカーフを巻いた向尾荒野、
帽子をかぶりカーキ色のジャケットを着た畑中拓也、
白いV字Tシャツにパープルのジャケットを着た山口卓也、
グレーのパーカーに、グレー、青、赤の縦じまのベストを着た上松幸平。

画像:S.R.Sのロゴマーク。羊のシルエット、隣に「S.R.S」の文字、その下に"Sleeping Rag Sheep"と筆記体で書かれている。北九州在住の10代、ギターロックバンド。
ロックンロール、ヒップホップ、ミクスチャーなど、さまざまなサウンドが縦横無尽に行きかう北九州のシーンの中で、Across the UKにリンクしてしまうかのような、どこか懐かしいサウンド、MEET THE BEATLESを思わせるボーカル山口の卓越したメロディセンス、そしてその情感に満ち溢れた、優しくも力強い歌声は、地元でも異彩の輝きを放つ。
若干19才にして、唯一無二の輝きを放つS.R.Sは、今後の音楽シーンの中で、活躍が最も期待される最重要かつ、最注目のバンドである。

▲ページのトップに戻る

ニュースブログ劇場情報リンク映画館に行こう!キャンペーン