サスペンス映画

映画『ジョーカー』フル動画の無料視聴まとめ【字幕/日本語吹き替え】

ジョーカー
ADウサギ
ADウサギ
『ジョーカー』を無料で見たい!

 

 

 

\その悩みを解決します!/

 

 

 

 

ADオバケ
ADオバケ
『ジョーカー』を見たい人はこの記事をチェック! 
ジョーカー

この記事では『ジョーカー』を

最もお得に視聴する方法を紹介します!

貧困層に生まれながら、大道芸人を夢見るアーサー。過去には精神病院で隔離された経験などもあり、現在も7種類以上の精神安定剤を使用している。

マレー・フランクリン・ショーが彼にとっての唯一の楽しみで、いつかマレーの後継者になることを夢見るアーサー。だが実社会では溶け込めず、発作的に笑いだすという病気も患っているため一人浮いていた。

ある日、拳銃を持っていたということから、少年を殺したという冤罪をかけられてしまい、失意に駆られる。そこで絡んできた証券マンを思わず持っていた拳銃で撃ち殺してしまい、言い知れぬ幸福感に包まれる。

それはまさに『貧困層から富裕層への復讐』としてゴッサムの市民はアーサーの行動を支持。

ここからアーサーはジョーカーとしての活動に徐々に傾倒していくことになる。

映画『ジョーカー』は2019年に公開

監督はトッド・フィリップス、出演はホアキン・フェニックスロバート・デ・ニーロなどが務めています。

この作品は『バッドマン』に登場する悪役『ジョーカー』をメインとして扱ったもので、いかに悪役である『ジョーカー』が誕生したのかを人間の感情の変化を追いながら知ることができます。

この映画のキャッチコピー。

「本当の悪は笑顔の中にある」

というセリフが体現する、笑顔の中の悪をお楽しみください。

ホアキン・フェニックス:ジョーカー
ロバート・デ・ニーロ:アーサー(ジョーカー)の憧れ

映画『ジョーカー』を無料で視聴する方法

結論から言うと…
『ジョーカー』はU-NEXTを使うことで最もお得に視聴できます。
ADオバケ
ADオバケ
U-NEXTの無料キャンペーン期間を使うといいよ! 

U-NEXTは新規顧客獲得のために無料期間を設けており、その仕組みを上手く使って動画を視聴します。

ADウサギ
ADウサギ
解約はできるの?
ADオバケ
ADオバケ
解約はいつでもできるから、無料期間に解約すれば実質無料! 

映画『ジョーカー』の最安値を比較!

ADオバケ
ADオバケ
大手サービスを比較してみました! 

映画ジョーカーはどこが一番安く視聴できるのか、表で比較してみました!

サービス 配信 月額(税別) お試し期間
U-NEXT 1,990円 31日
hulu × 933円 14日
FOD × 888円 2週間
TSUTAYA TV 933円 30日
Paravi × 1,017円(税込) 14日
Netflix × 800円 なし
Amazonプライム 350円 30日
◯:無料で見れる(ポイント・チケット含)
△:随時課金が必要
×:視聴不可

※2020年現在の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

映画『ジョーカー』を見るなら『U-NEXT』がオススメ!

U-NEXTのキャンペーンを解説!

U-NEXT解説

U-NEXTは月額1,990円(税別)と少し高めですが、作品数は圧倒的。

また登録時に600ポイントを貰えるので、そのポイントを使って映画を視聴したり電子書籍を買ったりすることが可能です。

U-NEXTの上手い使い方としては、

最初の『31日間無料キャンペーン』でみたい映画を視聴。

その後無料で視聴できる動画や雑誌などを楽しみ、必要なければ忘れないうちに解約する。という流れがお勧めです。

  • 月額1,990円と高額
  • 31日間の無料キャンペーン期間あり
  • 作品数が圧倒的に多い(140,000本)
  • 登録してすぐ視聴可能
  • 新作の配信が早い
  • 大人向けコンテンツも豊富
  • 70種類以上の雑誌が見放題
  • スマホアプリ対応
  • 1契約で最大4人まで同時視聴できる
  • いつでも解約可能
U-NEXTの簡単解説
  1. 『31日間無料キャンペーン』に登録
  2. 登録時に600ポイントを受け取る
  3. ポイントで作品視聴&見放題作品を楽しむ
  4. 必要なければ無料期間に解約

『31日間無料キャンペーン』はこちら!

今すぐ視聴公式ページ

・最新の配信情報については、U-NEXT公式サイトにてご確認ください。

映画『ジョーカー』のあらすじ

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、ピエロの大道芸をしながらコメディアンを夢見る心優しいアーサー。彼は同じアパートに住むソフィーに好意を抱きながら、笑いのある人生は素晴らしいと信じ、どん底から抜け出そうとするが…。

映画『ジョーカー』のキャスト/スタッフ

キャスト/スタッフ
  • アーサー・フレック / ジョーカー
    演 – ホアキン・フェニックス/日本語吹替 – 平田広明
    精神的な問題や貧困に苦しみながらも、スタンダップコメディアンを目指している道化師。認知症気味の母の面倒を見る心優しい男だったが、自身の辛い境遇から精神のバランスを崩し、次第に常軌を逸した行動を取っていく。感情が高ぶると、自分の意思に関係なく突然笑いだしてしまう病気を患っており、また妄想と現実の区別もつかなくなってきている。
  • マレー・フランクリン
    演 – ロバート・デ・ニーロ/日本語吹替 – 野島昭生
    人気トーク番組「マレー・フランクリン・ショー」の司会者。アーサーが憧れている。
  • ソフィー・デュモンド
    演 – ザジー・ビーツ/日本語吹替 – 種市桃子
    アーサーと同じアパートに住むシングルマザーの女性。
  • ペニー・フレック
    演 – フランセス・コンロイ/日本語吹替 – 滝沢ロコ
    アーサーの母親。認知症気味で体が不自由。若い頃はゴッサム随一の大富豪のウェイン家にメイドとして仕えていたとアーサーに語っている。
  • トーマス・ウェイン(英語版)
    演 – ブレット・カレン/日本語吹替 – 菅生隆之
    ゴッサムシティの名士。政界に進出し市議会議員となるが、医療制度の解体を推し進めたことなどから困窮する貧困層からバッシングを受けている。
  • ギャリティ刑事
    演 – ビル・キャンプ/日本語吹替 – 高岡瓶々
    ゴッサム市警の刑事。
  • バーク刑事
    演 – シェー・ウィガム/日本語吹替 – 山岸治雄
    ゴッサム市警の刑事。
  • ランドル
    演 – グレン・フレシュラー(英語版)/日本語吹替 – ボルケーノ太田
    アーサーの同僚の道化師。
  • ゲイリー
    演 – リー・ギル(英語版)/日本語吹替 – 越後屋コースケ
    アーサーの同僚の道化師。小人症で他の同僚に身長をネタにからかわれる。原作ではジョーカーのずっと昔の相棒ギャギーというヴィランが元となっている。
  • ジーン・アフランド
    演 – マーク・マロン(英語版)/日本語吹替 – 唐沢龍之介
    「マレー・フランクリン・ショー」のプロデューサー。
  • アルフレッド・ペニーワース
    演 – ダグラス・ホッジ(英語版)/日本語吹替 – 田中美央
    トーマス・ウェインの執事。
  • ブルース・ウェイン
    演 – ダンテ・ペレイラ=オルソン(英語版)
    トーマス・ウェインの息子。この映画の原典である『バットマン』における主人公。両親を目の前で喪った悲しみから、成長後、蝙蝠のコスチュームを纏って犯罪者に立ち向かうクライムファイターとなり、ジョーカーと対決する。
  • カール
    演 – ブライアン・タイリー・ヘンリー
    アーカム州立病院の事務員。
  • 監督
    トッド・フィリップス
  • 製作
    トッド・フィリップス ブラッドリー・クーパー エマ・ティリンジャー・コスコフ
  • 製作総指揮
    マイケル・E・ウスラン ウォルター・ハマダ アーロン・L・ギルバート ジョセフ・ガーナー リチャード・バラッタ ブルース・バーマン
  • 脚本
    トッド・フィリップス スコット・シルバー
  • 撮影
    ローレンス・シャー
  • 美術
    マーク・フリードバーグ
  • 編集
    ジェフ・グロス
  • 衣装
    マーク・ブリッジス
  • 音楽
    ヒドゥル・グドナドッティル
  • 音楽監修
    ランドール・ポスター ジョージ・ドレイコリアス

映画『ジョーカー』評判・感想【ネタバレなし】

映画『ジョーカー』の口コミ

女性の口コミ
女性の口コミ

全体的に重たい映画でしたが、DCコミックスファン、またバットマンが好きな人は必見の映画です。

ジョーカーと言われれば、残虐な変質者というイメージがありましたが、その背景には、彼がこれまでに受けたいじめ、や、社会の残酷さ、というのがあり、このひどい世の中で、ジョーカーがどんどんとジョーカーらしくなっていく様子が、切なく、また、その一方で恐ろしさを感じました。

ジョーカーの母と、バットマンの父の関係性、ジョーカーとバットマンの関係性、などこれまで知らなかった関係性が見えてきて面白かったです。

ジョーカーの母に関しては、個人的にはさいごまで騙されていました。そして、その母から遺伝した精神異常により、ジョーカーもあのような性格になってしまったんだなと思いました。色々考えさせられる映画だったので、見てよかったと思います。

男性の口コミ
男性の口コミ

ダークナイトが好きで、そこで出てきためちゃくちゃ印象深い悪役が主役ということでかなり興味がありました。

見終わったあとは圧巻というか映像、音楽、役者さん全てが凄すぎて、いい意味で規格外な映画という感じがしました。

ジョーカーと隣人の女性との関係は夢か現実か分からなくなるし、最後のテレビ出演から逃亡まではどこまで本当でどこまで妄想か分からなくなり不思議なふわふわした感覚とジョーカーやその支持者達の狂気にかなり恐怖を感じました。

また、作品を観ながら自分自身も恵まれない環境や不運なことが続けばジョーカーのように狂気してしまいそうだと感じ自分自身にも恐怖を感じました。

怖くて切ない内容で映像と音楽が美しすぎる最高の作品だと思います。

女性の口コミ
女性の口コミ
バットマンに出てくる敵のジョーカーですが、いったい何故あんな笑いかたをするのかだったり、いったい何故ジョーカーという名前なのか、なぜ敵になってしまったのかなど本編では一切明かされることがなかった部分が分かる映画です。

ジョーカーになってしまったのは必ずしもただ目立ちたかったわけでもなくて、自分の境遇に問題がありすぎたことだったり、何故変わっていってしまったのかもすべて分かる作品になっていて、見ていて心が痛むシーンも多くありました。

また、途中からバットマンのシーンに繋がるところもあって、本編を見ている人からすれば「こう繋がるのか!」と見ていてスッキリする場面も多くあると思います。バットマンファンなら見るべき作品です。

男性の口コミ
男性の口コミ

見る人によって映画の内容が変わり、人それぞれ違う感想をもてる事だと思う。

バッドマンやダークナイト、過去の作品を見てジョーカーが何者なのか知っている人、予備知識なく1人の男の物語として見る人。私は後者側で面白いと思う反面、見ていて辛かった。

映像と音楽の演出のセンスの良さには圧倒された。主人公がジョーカーへ覚醒し階段でタバコをふかしながら奇妙なダンスを踊るシーンは涙が出るほど美しかった。

辛かったのは主人公に感情移入してしまい、彼と彼を取り巻く周りとの関係の真実が明らかになった時や世間への絶望を感じ泣いているのに笑っているという現実にもあり得る心の痛みと障害。

そこからジョーカーが出来上がったとそれを思うとただただ悲しかった。悲しいけど美しい物語。彼の妄想(かもしれない)と現実(じゃないかもしれない)が交互に展開されるので一度見ただけではわからない映画。

誰でもジョーカーになり得るなと思った奥深い映画でまた観たいと思わせる映画。

女性の口コミ
女性の口コミ

アメコミの悪役というとヒーローと同様に特殊な能力やスーパーパワーを持った悪役が多いイメージでしたが、このジョーカーでは特別な力を持っていないアーサーがヴィランになっていく様がリアルに描かれていて非常に興味深い作品でした。

格差社会の中でアーサーが信じていたものがすべて崩れてだんだんと彼が壊れていくのに悲しさと苦しさを感じつつ、ラストの車の上で立ち上がった時にジョーカーが誕生したシーンにある意味で感動もしたし、それとは別に自分たちが生きているその中でジョーカーみたいな人が生まれてもおかしくないという身近さにも恐怖を感じて、見終わった後は面白かった怖かったとか一つの感情で表すことが出来なくて感情がぐちゃぐちゃになるくらい素晴らしい映画でした。

男性の口コミ
男性の口コミ

見終わった時に満足かそうでないかといえば、満足。ただし鬱。すっきりしたりはしないし、心に澱が残る映画だと思う。

暗い画面、汚れたスラム、痩せこけた主人公、山盛りのタバコの吸い殻、病気の母。始まりから陰鬱な空気がひしひしと感じられる。

次から次へと襲う不運、うまくいかないことばかり。そんななかで訪れたほんの少しの幸せも幻影…落として落として少し上がってまた落ちる。ブルース少年の恵まれた環境との対比も、陰鬱さに輪をかける。

どうしてここまで違うのか、生まれや親は選べない、生きることに努力してこなかったわけじゃないはずだ、なのにどうしてこんなに悲しみばかりなんだ。

彼は世界をなくしたいんじゃない、社会をなくしたかったのかもしれないな、とふと思った。バットマンに馴染みはなかったけれど、気になってノーラン三部作を見るほど印象に残った映画だった。

女性の口コミ
女性の口コミ

ジョーカーといえばバットマンシリーズでも特に異彩を放つキャラクターでファンの方も多いのではないでしょうか。

とくにダークナイトの時の狂ったジョーカーは実に魅力的で私も大好きなキャラクターです。ですがこの映画ではジョーカーになる前のアーサーの不憫で哀れな人生が描かれていて前半は非常に心が痛みました。

映画をみているといったいどこからが嘘でどこまでが真実なのか非常に悩むシーンも多数あり、バットマンシリーズのファンは考察で盛り上がれるのではないでしょうか。

個人的に好きなシーンは彼が憧れだったテレビ番組に出演するシーンです。

そこで起こす事件をみて、私はようやく自分の知っているジョーカーが現れたとついついほっとしてしまいました。芸術作品としても高い評価を受けているので是非幅広い人に見てほしいです。

映画『ジョーカー』フル動画の無料視聴まとめ【字幕/日本語吹き替え】:まとめ

動画視聴のまとめ

映画『ジョーカー』はU-NEXTの無料キャンペーンを利用して視聴しましょう!